ハリネズミと一緒に

「ハリネズミが最近人気なんだって」とyoutube動画を見てあまりの可愛さに一目ぼれ。 それからの出来事に綴っていこうと思ってます。  ハリネズミのブリーダーを始めました。

メタルサイレントホイールのカバー(シート)の作り方

我が家にはハリネズミ用として使っているホイールのメタルサイレント25とメタルサイレント32を持っていますが、今子育てで空いているメタルサイレントのカバー自作出来ないか検討してみた結果丁度いいのがダイソーにあったので作ってみました。

メタルサイレント25のカバーを購入すると大体送料別で1200円位しちゃうので自作するってのもアリだと思います。

 メタルサイレントにカバーをする理由としてはハリネズミのツメが網目に引っかかり怪我予防対策となっているようです。

 

材料

ダイソーで購入した物

  • 工作コーナーにあったPPシート サイズ390mm×550mm 厚み0.75mm
  • 結束バンド
  • 以上2点です。

f:id:fggmc638:20171023003009j:plain

f:id:fggmc638:20180706215534j:plain

 

 その他自宅にあった材料

  • 定規
  • ハサミ
  • 鉛筆 もしくはマジック
  • 二穴パンチ
  • を使用しました。
    二穴パンチが家に無かったときはダイソーだどの100円ショップでも販売しています。

f:id:fggmc638:20171023002412j:plain

あると便利な物

スケール 100円ショップのがお勧め。

尺金 

f:id:fggmc638:20180705224626j:plain

メタルサイレントカバーの寸法

幅 9.5cm  長さ40cm を2枚

幅 11.3cm  長さ 51cm を2枚 

以下( )をメタルサイレント32の寸法です。

f:id:fggmc638:20180706001106p:plain

作り方

1.PPシートを幅サイレントシートの内側9.5cm(もしくは11.3cm)を縦に線を引来ます。

f:id:fggmc638:20171023012605j:plain

鉛筆で線を引いた為線が見えづらかったので一部分で写真撮影を行いました。

 

2. 線の気持ち内側をハサミでカットします。

 これを2枚作ります。

f:id:fggmc638:20171023002201j:plain

f:id:fggmc638:20180705225459j:plain

 

 

 3. 全長40㎝ (51cm)に切断します。

尺金があると直角に引ける為作業しやすいですが、ない時はスケールと定規で十分です。

f:id:fggmc638:20180705225535j:plain

f:id:fggmc638:20180705230311j:plain

 

4. 結束バンドを通す穴を二穴パンチで開けます。(全部で4か所)

f:id:fggmc638:20180322234254j:plain

片側をある程度目安にして二穴パンチを叩く感じですると開けやすいです。

f:id:fggmc638:20180322234322j:plain

5. 反対側は1cmの所で線を引き二穴パンチで開けます。

f:id:fggmc638:20180322234450j:plain

6. 穴を開けたら結束バンドでロックします。

この時メタルサイレントのメッシュ部分の重なっている部分を避けて結束バンドを通します。

出来るだけ左右対称の位置に来るように穴を通します。

 

f:id:fggmc638:20180705230846j:plain

 

f:id:fggmc638:20180322234535j:plain


結束バンドをメタルサイレントの軸に対して対象に縛るとバランスもよくなります。

 

f:id:fggmc638:20180705231018j:plain

バランスよく出来上がったと思いますがいかがでしょか?

感想としましてPPシート自体しっかりとした厚みがあるので、ハリネズミが運動する時たわんだりしない様に思います。

 

 

メタルサイレントカバーの自作は大変と感じた方は以下のサイトでも販売しています。

 参考サイト

 

(SANKO) メタルサイレント32

(SANKO) メタルサイレント32

 

 

(SANKO) メタルサイレント25

(SANKO) メタルサイレント25